Zwift ジロ・デ・イタリア TT チャレンジ、、つらかったよ。

ジロ・デ・イタリアTTチャレンジ_アイキャッチ イベントに参加

Zwiftイベント「Giro d’Italia TT Challenge」に参加しました。

これは 5月11日から13日にかけて行われる Zwiftのイベントで、今年のジロ・デ・イタリア第1ステージ(イタリア・ボローニャで開催の個人TT)を再現したコースを走ります。

このコース、実際のコースプロフィールを見てみると、総距離は8kmで前半は平坦区間、そして後半はゴールまでの2kmをひたすら登ります。この登りは人気観光スポットのサン・ルカ教会への参道でもあり、平均勾配9.3%、最大勾配16%の急勾配区間となっています。

参加したZwiftイベント Giro d’Italia TT Challenge ではこのTTコースが見事に再現されています。

建物の並びや色形それに街並みや風景。
おまけに登坂のキツさ、、

とてもリアル。

なーんの予習もせず参加したんです

私、たいした予習もせずに参加しました。

ジロのTTコースってことは認識してました。
でもそれ以上はなにも調べず

平坦TTだろ、、
って思ってました。

根拠もなく思い込んでましたね。

前半
たしかに平坦です

たしかに前半はこんな平坦が続きました。

前半は平坦
前半は平坦が続く

おろかな私
このまま平坦が続くんだろう。

答え
いいえ、平坦なんて今だけ。
急勾配区間が待ってますから。

登坂へ突入

残り距離 2㎞地点
この先に見えるカーブを曲がるとサン・ルカへの登坂が始まります。

この先の鋭角コーナーを経てサンルーカの登りがスタート
この先のカーブを曲がれば
キツイ登坂の始まり

でも私はキツイ登坂のことなど知らずに突っ込んでいきます。

先ほどのカーブを曲がりました。
いよいよ登り区間の始まりです。

サンルーカの登りスタート_早くも急坂
登り区間に突入
いきなり12%

さっそく12%ですって。

不勉強で無知な私
うーキツイなー
でもこんな勾配ずっとは続かないよ。

答え
いいえ、ずっと続きます。
このキツさはずっとです。
そしてあなたは半泣きになります。

名物ポルティコ

ポルティコと呼ばれる名物の柱廊が道路の左側に続きます。

ポルティコと呼ばれる柱廊が続く
ずっと続く左手の建物は何だろう?
苦しいけど気になってました

このポルティコとは
建物の前にある歩道をアーチ状の屋根で覆ったもので、風雨や日差しから歩行者を守る役割があります。サン・ルカ教会へ向かう参道にあるポルティコは、麓から頂上まで延々と続きアーチの数は666本もあるそうです。

終わらない
急勾配

さて残り1.1㎞
ポルティコの下をくぐります。
すると、、

ポルティコの下をくぐる
ポルティコの下をくぐる

一瞬ですけど 19% 。

一瞬だけど19%
げっ19%!

うわっ19%
やめてー

ここからはポルティコを右手に見ながら登ります。
ここがまたキツイ。
16%ほどの勾配が400mは続く。

ポルティコが右側になる
ああ果てしない

残り距離0.7km地点でポルティコを横切り

ポルティコを横切る
ポルティコを横切る

再びポルティコが左手になります。
このあたりからやっと勾配も少し落ち着きます。

ポルティコが再び左手に、パワーでない
まともな勾配になってきた

やっとゴールだ

残り200m
ポルティコは見えなくなりました。

ここからは踏み込んでいきたい。

ラスト200m力が出ない
残り200m

踏み込んでいきたいのだが、、

キー
脚がまわらん
力が入らん

あーつらい(泣)

うー
あと100mだー。

おおっ
でっかいリスが見える。

ラスト100mでかいリス、もがけない
残り100m

リスのことはいいから

踏めー!

リザルト

はいリザルト。

リザルト
リザルト
おおワットが

189W (2.8w/kg) ですって!?
私にしては高い!

まあ、あんだけの登りをずっと走ったらパワー平均値も高くなるだろうな。

登りでパワー値が高くなるって
登りは平坦のように慣性で進むことがないので、ずっとパワーをかけ続けないといけません。それはペダリング全周にわたりずっと入力し続ける状態なわけで、結果としてパワー平均値は高くなります。
こんな感じで平坦でも入力できればいいんですけど、、なかなか難しいんです。

おめでとうございます
FTP向上です

おめでとうございます。
FTP向上を検知しました。

ftp更新176⇒183w
上がったよー

なにはともあれ
おかげさまでFTP上がりました。

んんー
ということは、、
これからのワークアウトがまたきつくなるね。

以上、Zwiftイベント「Giro d’Italia TT Challenge」に参加した様子でした。



スポンサーリンク



★広告★Wiggleクーポン一覧

Wiggleで現在有効なコードの一覧


Wiggleで現在有効なコードの一覧を見る