SGX-CA600 マップがダウンロードできない、その解決策はPCからのマップ入れ、シクロスフィア終了に伴う注意点

アイキャッチ_マップダウンロード 機材/用品

パイオニアのサイクルコンピューター
SGX-CA600ですが

パイオニア提供のWebサービス
「シクロスフィア」が終了したため
マップデータがダウンロードできなくなっています。

本来はこちらの手順のように
Wi-Fi 接続でSGX-CA600に
ダウンロードできていたのですが
>ユーザーズガイド
マップダウンロード

注意!今はこの手順ではダウンロードできません

どうやら
シクロスフィアが終了したことで
ダウンロードできなくなったようです。

パイオニアからのお知らせ
「シクロスフィア終了に伴う注意点」に
以下の記載があります。
SGX-CA600において、マップの更新機能がご利用頂けなくなります。

これまでの
Wi-Fi接続による手順では
マップデータがダウンロードできない。

となると

困った事態が起こるかも、、

でも
解決策はあります。

困った事態

そもそも
SGX-CA600にはデフォルトで
日本地図のマップデータが保存されていますが

このマップデータ
ちょっと気をつける点があって

SGX-CA600を初期化すると
マップデータは削除されてしまいます。

知ってました?
私は知りませんでした・・・

確かにユーザーズガイドには
このように書かれています。

初期化されるデータ
初期化の対象となる設定内容は
システム設定の[日付と時刻]以外の設定値
およびメーター画面の設定値とログデータです。
マップデータはすべて削除され
お買い上げ時の状態には戻りません。

初期化すると
マップデータまで削除される・・・

そうすると

マップデータが
ダウンロードできなくなった今
こんな事態になりそうです。

  • 何らかの理由で
    SGX-CA600を初期化したら
  • マップデータが消失
  • 消えたマップデータを
    ダウンロードしたいが
  • これまでの手順(Wi-Fi接続)では
    ダウンロードできなくなっている
  • どうしよう・・・

という
困った事態です。

考えられる事例として
SGX-CA600を
誰かから譲り受ける場合があります。

元の所有者が譲渡する前に
購入時の状態に戻すつもりで
初期化を行ってしまう。

すると
SGX-CA600からは
マップデータが削除されてしまいます。

そして
このマップデータの消えた
SGX-CA600を譲り受けた人は

おや?
地図が無い
と気づきます。

そこで
マニュアルを調べて
マップデータをダウンロード・・・
しようとするんだけど

あれ?
ダウンロードできない

困ったぞ・・・

となるわけです。

中古品を売買する
フリマ市場などでは
起こりがちではないでしょうか。

では
こんな困った事態になったら
どうするか?

調べてみたら
ちゃんと解決策がありました。

それは
PCからのマップ入れです。

ダウンロードサイトからPCへ
そしてPCからのマップ入れ

SGX-CA600をWi-Fi 接続しての
ダウンロードはできなくなりましたが

以下の方法でダウンロード可能です。

  • パイオニアのマップダウンロードサイトから
    マップデータを一旦パソコンに落として
  • それをSGX-CA600に
    USBケーブル経由でダウンロードする。

という方法です。

具体的な手順

具体的な手順は
次の通りです。


まずはマップダウンロードサイトから
Download site for the SGX-CA600 MAP
必要なマップをダウンロードします。
例:日本であれば「asia_japan_1.01.map (about 1.02 GB)」

マップファイル_日本


ダウンロードするマップデータは
パソコンの適当な場所に保存します。
例:ダウンロードフォルダ

マップデータファイル_PCに保存
例:ダウンロードフォルダに保存 (Windows10)


次にマップデータを保存したパソコンと
SGX-CA600をUSBケーブルで接続します。
※パイオニアはSGX-CA600に付属のUSBケーブルを推奨


SGX-CA600がパソコンに認識されると
CA600というデバイス名で表示されます。

PC内デバイスCA600
デバイスとドライブの様子 (Windows10)

CA600が認識されない時
パソコンとSGX-CA600
どちらも電源を入れた状態
ケーブルを接続してみます。
私の場合これで認識されました。


SGX-CA600のマップ保存場所は
上記デバイスCA600の中
¥CA600¥内部ストレージ¥Pioneer¥Map
となりますので

先ほどパソコンに保存した
マップデータファイルをコピーして
CA600の「Mapフォルダ」内に貼り付けます。

SGX-CA600_マップ保存場所
SGX-CA600マップ保存場所 (Windows10)


マップデータを入れ終わったら
SGX-CA600の再起動を行います。
※再起動:電源を切って再度入れる

これで
パソコンからSGX-CA600への
マップ入れは完了です。

パソコンに保存したマップデータは
削除せずにそのまま保存しておくことを
お勧めします。
パイオニアのマップダウンロードサイトが
いつまで存在してくれるのか
分かりませんので、、

さいごに

パイオニアSGX-CA600は
ちょっと操作が複雑で
ややこしいところもあるけれど

私はとても気に入っていて
ペダリングモニターセンサーと共に
今も使い続けています。

しかし残念ながら
パイオニアはサイクルスポーツ事業から撤退し
SGX-CA600も販売終了、、

幸いなことに
パイオニアが保有していた
Webサービス「シクロスフィア」などの
事業資産はシマノへと移管されましたが
※SHIMANO CONNECT Lab となる

何もかもが全て移管され
これまで通りのサービスが受けられる
というわけにもいかず

今回の記事
マップデータのWi-Fi接続による
アップデートができなくなった
といったような事象もあって
ユーザーとしては混乱します。

パイオニアが撤退せずに
スポーツサイクル事業を続けていればなぁ
と思うところですが・・・

仕方ありませんね。

アイキャッチ_CycloSphereログインに失敗しました

SGX-CA600 ログインに失敗するのは SHIMANO CONNECT Lab になったから

ありがとうパイオニア

ありがとうパイオニア、ペダリングモニター



スポンサーリンク



★Wiggle バイクセール開催中


★CRC CASTELLI FREE AERO