楽しむために準備したもの。Tacx NEO Smart。

スマートトレーナーを楽しむために準備した 楽しいZwift

これから
スマートトレーナー
Tacx 「NEO Smart T2800」を楽しむために
準備しておきたいものがあります。

パソコンやタブレット
使いたい。

音や振動
やっぱり気になります。

とかね、、

そんなことを考えながら
スマートトレーナーのまわりを
すこし整えてみます。

Zwift やるから
パソコンデスク
作ります

パソコンを置くための机が必要なんです。

Zwift をやりますので、、

ということで
探してみると

すぐに見つかります。

これこれ
これがいい。

Wahoo KICKR バイクデスク
いいよねー。

Wahoo KICKR バイクデスク

画像をクリックするとWiggleにリンクします

でもね
3万円超って・・・

高いよ

よってパス。

もっと手頃な値段で
ちょうど良いもの、、、

スタンドデスクなどを
しばらく調べてみたんだけど

いいなってのが見つからない。

調べるうちに
どんどん時間が過ぎていく。

時間がもったいないな。

こうなりゃ
自作するか。

ちょっと面倒だけど DIY するわ。

そんなわけで
さっそくホームセンターへ向かい
材料を調達することにしました。

あまり手間をかけたくないので

  • 木材カットのほとんどは
    ホームセンターでやってもらった。
  • アングルを使って簡単に組み立てよう。

ということで材料はこんな感じ。

パソコンデスクの材料一式

脚にはSPF材
天板はプチ棚板
アングル金具とネジで組み立てます。

パソコンデスクの製作風景
製作風景

できあがり。

パソコンデスク完成

脚が長くてグラグラしますので
ひとつ横木を入れました。

横木の位置ですが
自転車のフロントホイールに当たらないよう
高めの所に入れます。

とにかく簡単に作ったので
1日(2~3時間)で完成です。

では、パソコンをのせてみよう。

パソコンデスクをセットする


乗車したときの光景はこうです。

パソコンデスクの使用感

これでいい。
上出来です。

このデスクの特徴は

  • フロントのホールをまたいで
    ハンドル近くまでデスクを寄せることができます。
    おかげでパソコンの操作がしやすい。
  • 部屋が狭い(小屋です)ので細身のデスクとしました。
  • 細身で高さがあるものですから
    少し不安定かな。
  • かかった費用は 3,500円くらい。
  • 1日(2~3時間)で完成。
フロントタイヤのブロック

以前の固定ローラー台で使っていたものを
流用することにします。

フロントタイヤのブロック_以前のもの

NEO Smart に付属のものは横幅が広くて
自作したパソコンデスクの足の間に
ギリギリ納まります。

フロントタイヤのブロック_付属のもの

でもこれだと
デスクを左右に移動する余裕が
まったくなくなるので
付属のブロックは使わないことにしました。

パソコン机は準備できた。

後日気づいたんですが、こんなものがありました。

Wahoo KICKR バイクデスクにそっくり。でも お値段は約半分。


画像をクリックするとWiggleにリンクします

つづいては、

防振防音
ブルカット2

ローラー台の騒音は気になります。

騒音の対策に有効なのが
振動を建物に伝えないこと
なんですってね。

ローラー台の振動によって
建物が共振すると
建物自体から「ブーーーン」って
音が出るということです。

うちの場合は以前から
小屋で固定ローラー台を
使っていたんですが
たしかに小屋が「ブォーーーン」と
うなっていました。
ちょっと不気味な音です。

その頃は
自作した防振ブロックを使っていましたが
その効果は微妙なものでした。

さて NEO Smart の音はどうなのか。

使ってみると

評判通りの静かさです。
すばらしい。

では振動は?

んー
小さいけれども
振動はあります。

では
振動対策をしておきましょう。

これを使って

ブルカット2。

今はブルカット3にバージョンアップしています

>Amazonでブルカット3を見る
>Yahooショッピングでも見てみる

以前から気になっていた商品です。

これを買いました。

ブルカット2は GROWTAC ってところが
製作しているんですが

そこの WEB SHOP でアウトレットのブルカット2が
【直売限定】で販売されていました。

1個 1,100円。

おっ、相場より安い。

アウトレット品の説明には

若干の傷、よごれがありますが
機能、性能は全く問題がありません。
超少量の販売となります。

傷?よごれ?
そんなの気しません。

そんなことよりも

超少量の販売となります。

って文句に焦ります。

急いで買わなくちゃ

ポチッ、、、

無事、注文できました。

さて、届いた商品の
傷、よごれ
確かにありますけど

ブルカット2の傷よごれ

いいよこれくらい
って程度の 傷、よごれ です。

4個買って 4,400円。
そして送料 0円。

GROWTAC OFFICIAL WEB SHOP

では
ブルカット2を設置します。

ちなみに
NEO Smart の足ですが
このようになっていて

neo smart 裏側の足

4つの足で床に接しています。

neo smart ブルカットを入れる

この4つの足の下に
ブルカット2を入れます。

どうですか?
使用感は、、

ブルカット2
ある時、ない時で試しましたが

ブルカット2を入れると
響きがずいぶん違います。
静かになります。

防振効果はあると思います。

そもそも
NEO Smart 自体が
大した振動ではない上に
ブルカット2が入ったわけですから

建物へ伝わる振動は
とても小さいと思います。

よーし
防振防音の対策は打った。

あとは、

防塵
ホコリ吸ってね?
ホコリが気になる

NEO Smart は
内部冷却のために
空気を吸っています。

neo smart 吸気口

吸気口が2カ所あって
ファンで空気を吸い込みます。

つまりこれは
ホコリがどんどん吸い込まれる
ということです。

うちでは猫を3匹飼っていて
この抜け毛がものすごく激しい。

猫は家の中で飼っているので
この小屋に来ることはありません。
けれど人や衣服にくっついて
猫の毛はこの小屋に運ばれてきます。

そして小屋の中を
猫の毛がフワフワと舞っています。

ホコリ対策をせねば。

ステッカーフィルター

このステッカーフィルターを使います。

このフィルターは
片面が粘着面になっていますので
ステッカーのごとく貼り付けることができます。
パソコンのホコリ対策にも使っています。

ハサミで適当な大きさにカットして

ステッカーフィルターを切り出す

そして貼り付ける。

ステッカーフィルターを貼りつける

簡単で効果は抜群。

私のお気に入りアイテムのひとつです。

これで
ホコリは吸い込みませんよ!

ステッカーフィルターよりも
こちらのフィルターのほうが安い
ということに気づきました。
次からはこれを買おうと思います。

>Amazonで見る
>楽天市場で見る
>Yahooショッピングで見る

さいごにもうひとつ
気になってることがあって、、

電源入れっぱなし?やだな
誰か切って
ダイヤルタイマー

さっきも言ったように
NEO Smart は内部冷却のために
空気を吸っています。

そしてこの冷却は
NEO Smart の使用が終わっても
しばらく続きます。

トレーニングが終わって
ペダルを漕ぐのをやめても
すぐにファンは止まらないのです。

使い終わっても
まだ内部は熱をもってますから
ファンを回して冷やし続けます。
そして内部が冷めたころに
ファン停止となるのです。

この熱のことを
ネットで調べていたら

NEO Smartを使って
すぐに電源を切ったら
焼けた
って言ってる人がいるみたいで、、

えー
焼ける!?

怖いよ。

だから
ファンが止まるまでは
電源を切りたくありません。

でもですね
私の場合、小屋で使っているわけで

NEO Smartを使い終わったら
さっさと家の中に戻ります。

すぐにファンを止めないために
NEO Smartの電源を入れたままにする?

いやー
ずーっと電源が入ってるって
なんか気になります。

それこそ
燃えんか?

小屋から出火とか
シャレにならん。

心配だ。

こうなりゃ
誰かに電源を切ってもらうしかない。

ダイヤルタイマー

これを使って
電源を切ることにします。


画像をクリックすると 
ショップにリンクします

ダイヤルタイマーです。

ダイヤルタイマーを使用の様子

これをコンセントに差し込みます。
そして NEO Smart の電源を
ダイヤルタイマーの「切」側に差し込む。

使い方

ダイヤルを0の位置から右に回せば
電源が入ります。

電源を切るまでの残り時間に
ダイヤルをセットして手を放すと
ダイヤルがジーっと音をたてながら
徐々に0に向かって左回転を始めます。

そして
ダイヤルが0に到達すると
電源が切れます。

けっこう
アナログな機器でが
単純な操作と動作が分かり易くていい。

たとえば
トレーニングを2時間やるのなら
ダイヤルを3時間くらいにセットします。

2時間のトレーニングが終わっても
残り1時間は電源が入っています。

これならば
使用後の冷却ファン電源を確保しつつ
最終的には電源が切れます。
完璧です。

電源問題もこれで解決した。

おわりに

こうやって
スマートトレーナー周りの
環境を整えたおかげで
トレーニングに集中できています。

それにしても
スマートトレーナー
というか Zwift って楽しいなあ。

楽しいもんだから
以前に比べてトレーニング量は
間違いなく増えました。

もちろんトレーニングは苦しい。
けれど楽しめるという不思議さです。

Tacx、Wahooだけじゃない
ELIET(エリート)もレベルアップ



スポンサーリンク



★Wiggle お得にアップグレード


★CRC トップセール