Cyclo-Sphereへのログインの有効期限が切れました・・・有効期限と再ログイン方法についてまとめました

1_サイコン画面_ログイン有効期限切れ メンテナンス/整備や調整をする

パイオニアのサイコン
SGX-CA600を使っていますが

まれに
次のようなメッセージが出てきます。

1_サイコン画面_ログイン有効期限切れ

クラウドで提供されている
データ解析サービス Cyclo-Sphere へのログイン有効期限が切れた。

Cyclo-Sphereに再ログインしてくれ。

と言っています。

まれに出てくる
このメッセージ。

これを見て
私は思います。

  • どうして
    有効期限が切れたんだろ?
  • 再ログイン・・・
    あれ?
    どうやってログインすんだっけ?

こんな感じで

有効期限が
ちょっと疑問です。

再ログイン方法を
すぐに忘れます。

ということで
Cyclo-Sphereの
・ログインの有効期限
・再ログインの方法
についてまとめておこうと思います。

ログインの有効期限とは?

ログインの有効期限について
パイオニアお問い合わせ窓口に尋ねました。

答え
Cyclo-Sphere Control App、サイクルコンピューター、PCと
各端末ごとに、Cyclo-Sphereに2週間以上アクセスがありませんと、ログインしなおす必要があります。

ちなみに
この問合せはEメールで行いましたが
朝、メールを入れたら、その日のうちに返信がきました。対応の早さは好印象です。
パイオニアはサイクル事業から手を引いてしまいましたが、サポートはしっかり継続しているようです。

さて
パイオニアのサポートからの回答によれば

ログインの有効期限は2週間。

そして
Cyclo-Sphereへアクセスする
端末ごとに2週間の有効期限が設定されている。

ということです。

私が使う端末は次の3つなんですが
・サイコン(SGX-CA600)
・スマホ(Cyclo-Sphere Control)
・パソコン(Cyclo-Sphere Web版)
それぞれの端末ごとに
2週間の有効期限があるんですね。

なるほど分かりました。

私の場合
サイコンのログをオートアップロードでCyclo-Sphereにアップしています。

週に数回 Zwiftをやるときもログを取っているので、サイコンからCyclo-Sphereへはオートアップロードでちょいちょいアクセスすることになります。
なのでログインの有効期限が切れることは まずありません。

ですが「体調不良」「やる気がでない」「仕事で長期出張」などの理由でサイコンを2週間以上起動しない(バイクに乗らない)ことが、ごくまれにあります。
そうするとあのメッセージが出て再ログインが必要になっていたわけか、、

再ログイン方法(サイコンから)

ではここからは
サイコン SGX-CA600を操作して
再ログインする方法を記載します。

流れとしては
いったんログアウト
そして再びログイン
となります。

まずは
設定画面に入ります。

2_サイコン画面_設定
設定 ⇒ 選択

Cyclo-Sphereを選択

3_サイコン画面_CycloSphere
Cyclo-Sphere ⇒ 選択

アカウントに入り

4_サイコン画面_アカウント
アカウント ⇒ 選択

ログアウトします。

5_サイコン画面_ログアウト
ログアウト ⇒ 選択
6_サイコン画面_ログアウトOK
OK

ログアウトすると
アカウント入力画面になるので
Cyclo-Sphereに登録してある
・Eメールアドレス
・パスワード
を入力します。

7_サイコン画面_アカウント入力
Eメールアドレス ⇒ 選択
パスワード ⇒ 選択

文字入力画面で
コツコツと入力します・・・

8_サイコン画面_文字入力画面
文字入力画面

入力後は
「確定」を忘れないように、、

9_サイコン画面_文字入力後は確定を忘れずに
確定 ⇒ 選択

Eメールアドレス
パスワード
を入力したら

ログインを選択します。

10_サイコン画面_ログイン
ログイン ⇒ 選択

ログイン接続が始まります。

11_サイコン画面_ログインが始まる
ログイン開始

ユーザー名が表示され
ログイン状態となります。

12_サイコン画面_ログイン完了
ログイン完了

以上で再ログインは完了です。

再ログイン方法(スマホアプリから)

サイコン SGX-CA600の再ログインは
スマホアプリ Cyclo-Sphere Control からも可能です。

ここでは
Cyclo-Sphere Controlを使った
再ログインの手順を記載します。

まずは
Cyclo-Sphere Controlとサイコンを
接続状態として
メニュー画面の
「ログデータアップロード設定」
をタップします。

106_CycloSphere_ログデータアップロード設定
「ログデータアップロード設定」

次に
「Cyclo-Sphereアカウントの設定」
をタップし

201-1_CycloSphere_アカウントの設定
「Cyclo-Sphereアカウントの設定」

「ログアウト」

302-1-2_CycloSpher_ログアウト
「ログアウト」

いったんログアウトします。

Cyclo-Sphere Control、サイコン
どちらもログアウトします。
「OK」

303_CycloSpher_ログアウトOK
「OK」

ログアウトしたら
もう一度
Cyclo-Sphereアカウントの設定画面に入ります。

201-1_CycloSphere_アカウントの設定
「Cyclo-Sphereアカウントの設定」

Cyclo-Sphere Control、サイコン
どちらも未認証となっています。

この状態で
「Cyclo-Sphere Control」
もしくは
「SGX-CA600」
どちらかをタップ。

304_CycloSpher_ログアウト_未承認
「Cyclo-Sphere Control」
もしくは
「SGX-CA600」

確認メッセージ
サイコンが起動していて
Wi-Fiに接続できる環境が必要です

問題なければ「OK」

305_CycloSpher_ログインOK
「OK」

ログイン画面になりますので
Cyclo-Sphereに登録してある
・Eメールアドレス
・パスワード
を入力します。
SNSアカウントを登録してあれば
SNSアカウントでもok。

306_CycloSpher_ログイン
Eメールアドレス
パスワード
もしくは
SNSアカウント

Cyclo-Sphere Control、サイコン
どちらも認証済みとなり
ログイン完了です。

307_CycloSpher_ログイン完了認証済み
認証済み
ログイン完了

ちなみに
Cyclo-Sphereアカウントの設定画面へは、メニュー画面の「その他」からも入ることができます。

メニュー画面で
「その他」
をタップします。

106_CycloSphere_メニュー画面_その他
「その他」

その他の画面にも
「Cyclo-Sphereアカウントの設定」
があります。

201-2_CycloSphere_アカウントの設定_その他から
「Cyclo-Sphereアカウントの設定」

おわりに

サイコンに出てくるログイン有効期限切れのメッセージ、、

私としては
なんかきちんと理解できていなかったので、Cyclo-Sphereへのログインの有効期限と再ログイン方法ということでまとめてみました。

なお今回
ログイン有効期限についてパイオニアに問い合わせた際に、参考に以下のURLを紹介いただきました。
https://pioneer-cyclesports-howto.jp/connect/20190920070058.html

ほかにもパイオニアでは
サイクルスポーツ関連製品のホームページでサイコンSGX-CA600やペダリングモニターの使いこなしガイドなど、役に立つ情報を紹介しています。
http://pioneer-cyclesports.com/jp/
正直、サイコンSGX-CA600などは機能が多すぎて使い方がややこしい。なのでこういったガイドは助かります。

パイオニアはサイクルスポーツ製品の販売を終了しましたけれど(一部のオプション品は販売中)、サポートに関しては今のところ継続しているわけで、ユーザーの一人として私は安心しております。



スポンサーリンク



★広告★Wiggleクーポン一覧

Wiggleで現在有効なコードの一覧


Wiggleで現在有効なコードの一覧を見る