サドルの幅が合っていないので POWER ARC から FLITE BOOST へサドルを交換

flite boost_上面 機材/用品

先ごろ
サドルを交換しました。

新しいサドルは
Selle Italia「Flite Boost」
サイズ(サドル幅)135mm

flite boost_上面
Flite Boost
135mm

Selle Italia でも
人気がある「FLITE」シリーズの
ショートノーズモデルです。
ノーマルに比べ 27mmノーズが短い。

まだ十分に使い込んではいませんが
今のところ良い感触を得ています。

そして
これまで使っていたサドルは
SPECIALIZED「POWER ARC」
サイズ(サドル幅)143mm

power arc_上面
POWER ARC
143mm

世間でも評判の良いサドルです。

ですが
このPOWER ARC
私にはちょっと・・・

サドルの幅

これまで使っていた
SPECIALIZED「POWER ARC」ですが

じつは
私には少しサドル幅が大きい
と感じていたんです。

POWER ARC で
一番小さいサイズ
143mmを使っていたんですが
これでも私にはちょっと大きい。

ちなみに
私の座骨幅は110mmです。

この座骨幅であれば
スペシャライズド SADDLE FINDERの対応表からすると
143mmのサドルが適していることになります。

だから143mmのPOWER ARCを買ったんだけどね。

では
サドル幅が大きいと
何が問題なのかというと

サドルの縁に
脚の裏(お尻の下あたり)が
ぶつかるんです。

こちらの画像の赤塗り部分

power arc_脚に当たる

このあたりに
脚を踏み下ろす度に
脚裏がぶつかるのです。

私の場合
そんなに強くぶつかっておらず
軽く触れている程度と思っていましたが

それでも

  • 脚裏でサドルを後ろへ押し出すので
    その結果お尻が徐々に前へ移動していく
  • 脚裏のサドルに触れる部分がしびれてくる

といった症状が出ていました。

こういった問題を改善すべく
サドルを交換したわけです。

スッキリ Flite Boost

それでは
新しくなったサドル
Selle Italia「Flite Boost」
を見てみましょう。

flite boost_上面

ずいぶんと
スッキリしています。

POWER ARCと比較してみると

power arcとflite boostの比較

POWER ARC(上)に比べ
Flite Boost(下)のほうは
ノーズから座面にかけて細身で
脚裏に当たる部分のくびれが大きいことが分かります。

これなら
サドルと脚裏のぶつかりも
改善するのでは、、

期待できそうです。

使用感 FLite Boost

そんな
期待の Flite Boostを
実際に使ってみて感じたこと

まず
脚裏がサドルにぶつかる問題ですが

まったく
感じなくなりました。

おかげで
お尻が前に移動する
脚裏のしびれ
といった症状もなくなり

あっさり
問題解決です。

そして
自分でも予想していなかった
嬉しい効果を感じています。
それは

なんだか
パワーを上げやすい・・・

そんな気がするんです。

たぶんですけど
脚とサドルのぶつかりが解消されたことで
脚の踏み下ろしに無駄が無くなったのではないでしょうか。

これまでは脚を踏み下ろしても
サドルに脚裏がぶつかり
十分に脚を踏み込み切れず
ペダリングがぎこちなくなって
パワーをロスしていたかもしれません。

とにかく
脚の動きを邪魔するものがなく
とてもスムーズなペダリングになったと思います。

そのおかげでしょうか
いや、気のせいでしょうか

今までよりも
パワーを上げやすくなった

と感じるんです。

結果に満足

サドルを交換してみて
期待以上の良い結果に

とても
満足しています!

やっぱり
自分の体に合ったサドルを選ばなきゃ
ってことですね。

と簡単に言いましたが

サドル選びは奥が深く
サドル沼にハマる人も多いわけで・・・

サドルは単純ではない

まあ今回はサドル交換が
うまくいったわけですが

実際のところ
サドルに関する問題は
単にサドルの幅や形だけではなく
もっと多くの要素が絡むと思っています。

例えばサドルの取り付け。
サドル高、前後位置、上下角度と多くの調整が必要です。

これらを少し調整するだけで
乗り味は全く違ったものになりますし
調整がマズイと体に痛みがでることもあります。

それに加えて
サドルに乗る人の状態も影響します。

よく言われる
お尻の痛みで考えてみると

トレーニングを積んで
サドルに触れるお尻まわりの
骨格筋が発達してしっかりしている
そして踏み込みも強く
おまけに体重も落ちている
・・・こんな人は
サドルへの荷重も少なくて
長時間ライドしてもお尻に痛みは出にくいものです。

けれども
トレーニング不足で
ぷよぷよのお尻
踏み込みは弱く
さらには体重が重くて
ドカッとサドルに乗っかっている
・・・こうなると
すぐにお尻が痛くなってきます。

というように
サドルに乗る人も関係して
なかなか
ややこしいのがサドルです。

サドルって
単純じゃないな

そう思います。

flite boost

Selle Italia「Flite Boost」
私は「Wiggle」で購入しました。
>Wiggleをチェックしてみる

Wiggleと並ぶ
海外通販「CRC」でも
>CRCをチェックしてみる

他にも
>Amazonでチェックしてみる
>楽天市場でチェックしてみる
>Yahooショッピングでチェックしてみる



スポンサーリンク



★広告★Wiggleクーポン一覧

Wiggleで現在有効なコードの一覧


Wiggleで現在有効なコードの一覧を見る